霊視や予言の正体 霊能者が見ているものとは?

中小企業の経営者などで、しばしば霊能者に相談にいく人がいます。女性でも恋愛相談などで利用する場合も多いです。そこで、このような霊能者の実態をお話します。霊がみえる、未来がみえるという能力、この見えるという能力はどこからきているかご存知でしょうか。

第六感覚とか、宇宙意識とかアカシックレコードとか

多くの霊能者はもっともらしいことを説明していますが、はっきりいいますと、霊視とか霊言というのは、狐つき、つまり稲荷狐による霊能力なのです。邪神界を跋扈する稲荷は霊的に敏感な人にとりついて霊能力を与えます。それが霊視や霊言というわけです。そもそも本物の神様や仏様というのは、めったやたらとお告げはしないのです。なぜなら、必要以上に人間にお告げすると、人間の主体性を奪い、指示待ち人間にしてしまうからです。試行錯誤する人生の中で成長するべき人間にやたら命令したりお告げするのは、邪神です。

霊能者自身も、自分の霊能力の根源が動物霊だとは思わず

彼ら自身がすでに化かされているのです。それで自分は大きな使命をもった人間だと思い込んでいるのです。邪霊に遊ばれているのです。霊能者も、相談にくる人もすべて被害者といえます。邪霊でも予言や予知ができますので、ある程度はあたります。しかし、最終的にその人を幸せにする力は決してありません。もとの思い、発する根源が愛ではないからです。この実態を知れば、スピリチュアルカウンセラーに相談に行くことがばかばかしくなります。背後につく霊は、人間の人格に相応しいものしかこないのです。マザーテレサのように立派な生き方が、彼らスピリチュアルカウンセラーにできていますか?

あわせて読みたい関連記事: