ユタもイタコも危険

ユタやイタコは相談者に霊を降ろしてその霊を説得する手法

相談者に降ろす方法と、霊能力者にかからせる方法があります。そうやって霊を呼び出して、霊的障害を霊の説得や霊のお祓いで処理するのが沖縄のユタや青森のイタコなどの拝み屋などの霊能力者の生業です。

霊を降ろしてもその審神(さにわ)がほとんどできません

霊の言いなりにその話を聞いて慰めたり説得したり、除霊したりします。先祖の成仏していない霊だとか、たたりをしている霊だとか言って、さまざまな霊が出てきますが、はたしてそれは霊たちのいうとおりの真実なのか、そこを見なければいけません。人間の世界でも詐欺師やペテン師がいます。自分の正体を偽って人をだます手合いです。霊を呼び出しても、出てきた霊がそういうものだったら、彼らは霊能力者を翻弄します。嘘偽りの物語を語って、霊能力者をだますのです。たとえば、「この者の先祖に壊された社の主じゃ。この怒りを解くには、この者をこれこれしかじかの寺におわびの参拝にいかせよ」などと、適当なことをいうのです。これをうのみにした霊能力者と相談者は、この邪霊に翻弄され、せせら笑いされているのです。

霊の言うとおりの処理をしても、問題は何も変わりません

そればかりか、霊はますます増長して、悪事を働きかけて、衰運を招来します。霊能力者に相談したことで、かえって、事態を悪化させているのです。ほとんどは、稲荷狐の仕業です。狐は巧妙に化けるので、霊能力者もだまされてしまうのです。「霊界に帰ります」と言って、霊能力者をだまし、実際には絶対に帰らない邪霊の代表です。邪霊が化けた先祖霊を必死に説得する霊能力者のこっけいなすがたを、せせら笑っているのです。ですから、霊能力者やユタ、イタコ、拝み屋などに相談することは無益なのです。そんなことをして高額のお金を捨てるぐらいなら、一念発起して伊勢神宮に参拝し、心願の成就を真剣不乱に祈念するほうがよほど、問題は解決します。

あわせて読みたい関連記事:

霊能者や新興宗教で苦しんできた人こそ、真実を知って、二度とだまされない生き方を体得して幸せになってください。そのためのノウハウをすべてまとめました。
パワースポット完全活用マニュアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする