霊視、霊聴などの力で怠り心が助長され、邪神界につながる

霊的存在の声を霊能者や霊媒やチャネリングのような形で、常時、聞こうとする行為や、霊視、リモートビューイング、千里眼など、(なんと呼称しようが同じですが)そのような霊眼で見ることを常時、利用しようとする、その心が人生の本義から外れている邪道です。

禅の戒める魔境とは?

禅の修行中にも未来が見えたり、霊と対話したりできる境地が開けることがありますが、禅ではこれをすべて「魔境」であると断じ、修行者にこのような世界とかかわることを厳禁しています。これは禅宗八百年の歴史の中で導き出された明察です。なぜならば、人間とは、この現実の世界で、この社会で、人間としての日常生活の中で魂を磨き、徳を積み、世に益する行為をする中で、霊的に成長するのが正道だからです。それ以外は邪道です。お釈迦様でも、もっとも正しい神通力とは、教戒神通力だと断じました。六大神通力は方便でしかないと断じました。六大神通力とは天眼、天耳通力を含むもので、ようするに霊視、霊聴です。それを全部、本物じゃないといったのです。教戒神通力とは人間として日常生活の中で一生懸命に現実の努力を重ねるときに、天来のヒラメキと導きでぱっとわかって、正しい方向に自然に進むという神通力です。エジソンのいう「99パーセントの汗と1パーセントのヒラメキ」です。これが正しいといったのです。

本当の守護霊や神社の神様が教えてくださる場合

正しい存在は、すべてこのような形で教えます。なぜなら、お告げや霊視などで行うと、最初は良くても、必ずそのうちに魔が入るからです。神様だと思っていても、知らず知らずに稲荷狐に入れ替わっているのです。狐にやられると、感情の起伏が激しくなり、イライラ、ヒステリーも出ます。人間として尊敬に値しない性質が出てきます。生活に歪みが出てきます。人間本来の道から外れた透視などの能力を使って便利にことをなそうとするのは、「怠り心」であり地獄への道なのです。実際、霊能者や、チャネラーは死後、ほとんどが地獄におちています。その理由は人間としての魂を磨く道から外れたからです。この世に生まれたら、この世の法則のもとで普通に努力して、
試行錯誤する中で学び、成長して、魂を磨くべきなのに、霊視、霊聴などの力で怠り心を助長させて生きた罪です。

あわせて読みたい関連記事:

霊能者や新興宗教で苦しんできた人こそ、真実を知って、二度とだまされない生き方を体得して幸せになってください。そのためのノウハウをすべてまとめました。
パワースポット完全活用マニュアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする