霊能力者のマッチポンプ

霊能者に祈祷してもらうと病気が治るという場合に、実際にはついている邪霊は、霊能者と邪霊がマッチポンプしています。中村禎里氏がまとめた『動物妖怪談』(財団法人 歴史民族博物館振興会)には、狐憑きの事例が古典などから紹介されています。霊能者が、邪霊とグルになって、人を苦しめて、その人が、霊能者に祈祷を頼みにくるように仕向けるのです。祈祷を行うと邪霊は霊能者のもとに戻ります。すると病気が治ります。これはマッチポポンプのようなものです。

あわせて読みたい関連記事:

霊能者や新興宗教で苦しんできた人こそ、真実を知って、二度とだまされない生き方を体得して幸せになってください。そのためのノウハウをすべてまとめました。
パワースポット完全活用マニュアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする