新興宗教の問題点と有害性

日本にも巨大な信者数を誇る新興宗教が

新興宗教の信者はすぐにこんなことをいいます。
カルト系の教団で特にこのような話が飛び出します。

「私が続けてきた中で体験した事で、
守られていると感じたことは数え切れないです。」

だから本物だというのです。

また「かかわった信者の人生や家庭がたどった足跡と
信仰を悪く言い、いじわるをした人の末路も見てきました」

これはどの宗教の人でも言うことです。
不思議なぐらい同じことを皆いいます。
御利益のために信仰しているというのでしょうか。

こんなことをいう人に反論したいのは、
第一に人間は誰でも守護霊や守護神や祖先に守られているので、
その宗教のおかげでラッキーなことがあったのかどうか、

そんなことはわかるものではないということです。
守護霊や先祖は、子孫の信仰と無関係に守るときは守ります。

新興宗教の御本尊に熱心に祈ったら願いが叶ったと信者は
思っていても、本当はその姿を見ていた守護霊が助けてくれた
というケースも多いのです。

それに、自分の信じる新興宗教の悪口を言う人が不運になったとか
不幸な末路になったと主張する人が多いですが、

反対の立場の人に罰を与える神仏が本当の神仏か?

もし、こんなことを心から思っているとしたら、とんでもない話です。
本当の神仏は愛と慈悲の存在なので天罰などをあてたりしません。

やめると地獄に堕ちるとか、信じないものに不幸な末路を、
などと言うのは悪魔のすることです。
もし、こんなことを根拠にしているなら、それは悪魔の宗教でしょう。

神仏を名乗っていてもその背後の正体は悪魔

邪悪な霊でも99%までは神を真似ることができるので
一見、良い教えを広めてるように見えますが、
最後の一厘のところで、愛がなく冷酷なのです。

神の教えを信じないものに天罰があるというなら、
世界中の独裁者、犯罪者、麻薬組織、邪悪な集団は、なぜ、
普通に生きているのでしょうか?そんな立派な神様なら、
今頃、こんな集団は全滅していなければおかしいはずです。

そんな連中は生きていて、自分の宗派の悪口をいう人だけが
不幸な末路になるのは、おかしいわけです。
こんなことは常識で考えたらわかる話です。

邪宗教を信じていてもラッキーなことがあるのは、
人間に誰にでもついている守護霊や祖先の加護があるからであり、
その新興宗教の悪口を言うものや、退会した者が不幸に
見舞われるのは、その邪霊がたたりをするからです。

たたりをする邪霊のつくった宗教を
信じる愚かさに気がつくべきなのです。

真の正義は時代が変わっても普遍のものです。
そして真の宗教は、たたりなどしない。
来るものをこばまず、去る者を追わないものなのです。

あわせて読みたい関連記事:

霊能者や新興宗教で苦しんできた人こそ、真実を知って、二度とだまされない生き方を体得して幸せになってください。そのためのノウハウをすべてまとめました。
パワースポット完全活用マニュアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする